楽器を売る際のポイント

日頃の注意がものをいう

お金

19世紀にベルギーで生まれたサックスは、管楽器の中でも吹きやすさにおいて評判がよく、ジャズなど多数の音楽に用いられる楽器です。長い間使っているうちに老朽化すると、これをどのように処分するか迷う方もいるでしょう。今まで愛用していたものでも、さらに上質の物を求めるためといった理由で売りに出したいこともあるでしょう。どうせ売るならできる限り高額で買い取ってもらい次の資金にしたいものです。では、サックスの買取アップを狙う際に大事なポイントにはどんなものがあるのでしょうか。本体が大事なのは当然ですが、もう一つ切っても切れない要素は本体とつなげるマウスピースなどの部品で、それらの保存具合も買取の際には大事なポイントとされます。マウスピースはサックスの音を出す上で要になるパーツです。これには軽い音を出すプラスチック製や、力強い音が出る金属製などいくつか種類があります。さらにデザイン面でも、ハイバッフルやチェンバーといった音の明暗・太さに関係する大事な要素があります。サックス買い取りの際に重要になるのは、本体側ばかりではなく収納する側も大事な項目であるのは言うまでもありません。サックスを保護するケースもセットで出せば高額買取が見込めます。本体や部品のみならず、バッグなども大切に保管しておきましょう。買取方法には出張・宅配・店頭などがあります。いずれの場合もサックス本体の梱包をしっかりとして、運搬の際にぶつけて壊してしまわないように注意しなければなりません。

色んな方法で取引を実施

楽器のケース

不要になったサックスがある方は、そのままにしておくのではなく、買取業者に買取してもらう事で多くのお金を獲得可能です。サックスの品質が高い水準に達している場合、かなり高額な金額で買取をしてくれる可能性を秘めているので、多くのお金を得られるチャンスです。今はサックス買取を行っている業者が全国各地に存在しており、依頼する事で査定を実施してくれます。この時に査定額に納得できなかった場合、他のサックス買取を行ってくれる業者を選択する事で高価買取を実現しやすいです。また多くの人にサックス買取の依頼をしてもらえるように店頭以外にも宅配や出張などの買取を行っている業者が増えています。宅配は、業者が指定する場所に宅配する事で、買取してもらえる方法の為、わざわざ業者に行く必要は無いです。忙しい日々を過ごしている方も気軽に利用できる方法になっており、多くの業者ですでに導入されています。出張買取は、業者が依頼者の指定した場所に訪れて、査定や取引などを迅速に行ってくれる方法です。事情によって、外出できない方も指定した場所に業者のスタッフが訪れてくれるので、スピーディーに取引を行えます。自分にとって最適な方法を選べば、仕事や生活に負担を与える事無く、取引を行えるので多くの人が活用しています。特別な知識やスキルを持っていなくても素早く査定や取引を行ってもらえるので、不要になったサックスがある方には効果的な方法です。

売る時に知っておきたい事

ウーマン

サックスが趣味の方や、部活やクラブでサックスを使用している方で「新しいサックスが欲しいから今のサックスを買取してほしい」「別の趣味を見つけたからサックスを売りたい」、あるいは「部活やクラブを辞めた」という方は居ると思います。だけど、楽器はどこで買取りしてもらえるのか、そもそも使用済みの楽器は買取りしてもらえるのかという疑問がありますよね。今回はサックスを買取りしてもらうときに、知っておいてほしいことを書いていきます。まず、使用済みのサックスでもリサイクルショップに売ることは可能です。なので安心してリサイクルショップに持っていきましょう。そして買取りをしてもらうときに、一番気になる相場についてです。メーカーによって多少の差はありますが、ヤマハやセルマー、ヤナギサワやシャトー等の有名メーカーの場合は4万円から18万円くらいが相場です。もちろんサックスの状態によって買取価格は変わります。なので、買取をしてもらうときには付属品を一緒に持っていくこと、楽器本体を綺麗にしておくことが大切です。そして買取りしてもらうお店ですが、近場にリサイクルショップがない場合はインターネットでの買取りもおすすめです。出来れば楽器を専門としているリサイクルショップにしましょう。楽器を専門としているお店なら楽器の価値を知っているので、高価買取りしてもらえる可能性が高いです。また、基本的に見積りは無料なので、色々なリサイクルショップに見積りをお願いしましょう。そして、一番高いリサイクルショップに売るのが良いですよ。